シロアリ駆除でSTOP住宅劣化問題❘駆除業者にお任せ

住宅劣化の恐れ

室内

住宅の中には、木材を用いているものが多く建てられているでしょう。木材にはシロアリが住み着きやすく、被害が広がる前にはシロアリ駆除を行なう必要があります。駆除業者の多くが、被害の程度によって料金を定めているでしょう。

詳しく読む

ひっそり潜む外敵

白蟻被害

生活の拠点となる住宅は、年月の経過によって徐々に劣化を見せてくるものです。年月による劣化の原因として、雨風の影響による雨漏りやサビ、腐食などがあります。しかし、外敵による劣化は、年月に関係なく、住宅崩壊の恐れを生み出すほどの劣化をもたらすでしょう。その外敵はシロアリで、日本の住宅に多く用いられている木材を好んでどんどんと侵食を進めていく生き物です。シロアリにはいくつかの種類があり、ヤマトシロアリ、イエシロアリなどがあります。シロアリの多くが夏に繁殖すると言われています。夏になると住宅へ侵入しやすくなるので、注意を図ることが大事です。

シロアリの繁殖率はとても高いもので、夫婦となるシロアリが住み着くとその数を増やすまでに多くの時間を要さないものです。住宅の規模にもよりますが、平均でも約3万匹にまで膨れ上がるでしょう。1匹による被害は微々たるものですが、その数が一度に住宅の木材に侵食に取り掛かるとなると、住宅崩壊も人事ではなくなります。シロアリ駆除を専門的に行なっている業者は各地に営業所を構え、どこの地域からの依頼にも応えられるようにしています。その理由は、シロアリの多くが、寒冷地を避けた日本各地で生息をしているからです。つまり、どの住宅でもシロアリの被害を受ける可能性があると言えるでしょう。シロアリは、住宅を支える大黒柱、梁にまで遠慮なく侵食するので、シロアリの特徴となる羽根つきアリを見かけたら、すぐに最も有効的となる対処法、シロアリ駆除を実行しましょう。

駆除に掛かる費用

作業者

あらゆる建物を侵食するシロアリは、早急に駆除業者にシロアリ駆除をしてもらうことが重要です。シロアリ駆除をする際には、もちろん費用が掛かります。ほとんどの業者が被害の様子を直接確認しながら見積もりを行なってくれるでしょう。

詳しく読む

駆除作業の中身

駆除

シロアリ駆除作業は、特殊な薬剤を用いるものとなります。薬剤はホームセンターで購入できるものもありますが、人体に有害となる商品もあるので、取り扱いには充分な注意が必要となります。

詳しく読む